主観と客観の関係性

考え方

こんにちは。

りえです。


私は以前は、主観と客観は対立するものだと捉えていました。


そして、主観的に考えるのはよくない、

客観性や論理を大切にしよう、という考え方を持っていました。


相手はどう考えているのか、

何を自分に求めているのか、

どういう出し方をすればそれが伝わるのか、

常に他者視点、客観を考えるようにしていました。


ただ、それが行き過ぎてしまい、

自分の考えを無視してしまう、

自分の意見を打ち出すことはわがまま、

という、自分を押さえつけ過ぎる、

自己犠牲的な考えになってしまっていました。



そこから、自分の内面と向き合うことに取り組み、

自分の素直な気持ちや直感を大切にすることができるようになり、

すごく自由で気楽に行動できるようになりました。


主観や感情って、めちゃくちゃ大事だったんだなぁと、

やっと気づくことができました。



ところが面白いことに、

自分の感情を大切にし自分を満たせるようになると、

今度は、他者の視点や客観性を

更に掘り下げて考えることができるようになる、


という効果が現れてきたのです・・・・!



例えば、

以前の私は、ちょっと自分が下から目線で相手を褒めて持ち上げる、

みたいなことをしていました^^;


人って褒められたり、自分のことを持ち上げられたりすると嬉しいですよね。


仕事で小難しい人とやりとりする必要が出た時、

この作戦はすごく功を奏していました。


でも、これって実際は相手のことを全然尊重してないんですよね・・・。

本心じゃないこと言ってご機嫌を取って

コントロールしようとしているだけ。


しかも自分のことを下げてるから、ずっとやってると

なんとなく自己肯定感まで下がってくるという。



でも今は、自分を下げる、ということはしません。

相手を尊重するために、

自分が下手に出る必要はないと分かっているからです。


本当に、単純にいいな、すごいなと思う部分があれば

口に出します。


ただそれだけのシンプルな話です。


そして、相手がどんなことに興味があるのか、

どんな価値観を持っているのか、

純粋な興味を持って接します。


無理して相手を持ち上げないと、

と思っているとしんどいですが、

興味を持って聞いていくと、どんどん聞きたくなる、

結果として、より相手の視点に立った考えが得られる、

というサイクルが回るようになりました。



主観と客観は対立するものではありませんでした。


むしろ、主観を大切にするほど、

客観を大切にできるようになりました。


主観と客観を自在に行き来する、

そうすると人間関係や仕事の幅が

スルスルと拡がっていくんだなというのを実感します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました