挑戦するハードルを簡単に下げる方法

考え方

こんにちは。

りえです。

今日は、新しいことになかなか挑戦できなかった私が、

挑戦するハードルを激下がりさせた簡単な方法をお伝えします!

挑戦できるかどうかの差は、得意不得意??

新しいことにどんどん挑戦できる人を、

羨ましいと思っていました。


私はどちらかというと、安全よりで、

常にリスクを考えるタイプです。

ただ、新しい一歩を踏み出すのはゆっくりですが、

事前に色々な状況を想定するからこそ、

抜け漏れなく対策が考えられます。


まぁ人にはそれぞれ得意不得意があるし、

私は全体を見て動くのが、性に合っているのだろうと思っていました。

個人で仕事をするなら、自分で動いて挑戦しない限り本当に何も始まらない

会社だと、全体を見てリスク管理しても良かった、

というか重宝されました。


ところが、個人で仕事をするには、

まず、仕事を生み出す、取ってくることから始めないといけません。


どの方法が最も良いか、どういう問題が起きやすいのか、

私は、いつものように勉強をして、方法を考えました。


でも、会社と違って期限があったり、

チームとして動き出すわけではないので、

一向に一人では行動に移せません笑


私が机の前と頭の中でうんうん考えている間に、

友人はいろんなことに挑戦しては失敗し、

そして徐々に結果を出していました。


事業主にとっては、失敗なんてない、

失敗は成功の一部だ、

といくら聞いても、


うーーーん、でもうまくいかなかったらなぁ・・・・

と思ったまま時間は過ぎていきます。

挑戦したければ、止めるハードルを下げれば良い

私はどうして挑戦するのがこんなに億劫なのか、

友人との差を真剣に比べてみました。


そして、重大なことに気づきました。


友人は、いとも簡単に始めたことを止めるのです。

そしてまた別のことに手を出しているのです。


私:え、もうやめたの?

友人:うん、面白くないし飽きたから。

私:(えぇーもっと頑張れば良いのに)


そう、私は、一回始めたら途中でやめるのは良くない。

それをなんとか頑張り切らないといけない、と思っていたのでした。

一回始めたら結果が出るまでやり切らないといけないとしたら、

そりゃあ始めることを躊躇しますよね。

だって嫌だったら辛いから。

辛くても止まれないから。

しかもやめたら自分を責めるから。


でも、自分に合わなかったらすぐに別の方法を探せば良い、

と思えると、とりあえずやってみるかって思えます。


ただ、いくらやめれば良いと言っても、

会社の中で配置転換をバンバンしてもらうとか、

転職をめちゃくちゃ繰り返すとか、

それもコストがかかり過ぎてハードル高いですよね笑

自分のできる範囲でまずはやって、止めてみる

私は、自分で仕事づくりをすると、

挑戦→やめる→挑戦→やめる→ちょっとうまくいくので続けてみる

というサイクルをめちゃくちゃ回しやすいと感じます。


会社と違って自分で全て決定できるので、とにかくすごく早く

やってみる→止めるを試せるからです。

副業が禁止されている方は仕事じゃなくて、

趣味でも良いかもしれません。


挑戦したいけどなかなかできない、

という人は、自分のコントロールできる範囲で、

すぐにやめてもオッケー!できなくてもオッケー!

と、止めるハードルをとにかく下げてみると

いつの間にか、いろんな挑戦ができるようになりますよ^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました